Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    えり (09/09)
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    えり (09/09)
  •  梁祝リャンチュウ伝説(梁祝愛情故事)は1500年以上昔の東晋(AD317〜420)の頃に形成され今に連綿と語り伝えられており、中国で四大愛情伝説(梁祝・孟姜女・牛郎織女=七夕伝説・白蛇伝)の一つに数えられる伝説である。
    Tsukagoshi (07/25)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「戯曲梁祝(リャンチュウ)」の作者、古野浩昭先生からの「神奈川県日本中国友好協会」の会誌「日中友好の輪」に掲載する「宜興」帰朝報告!
0

         戯曲梁祝リャンチュウの作者、古野浩昭先生から、今回の宜興の件に関して
     「神奈川県日本中国友好協会」の会誌「日中友好の輪」に寄稿を依頼された帰朝報告の原稿(7月号掲載予定で待ちきれないので)を先に梁祝ブログに一足先に掲載してほしいと5/2に送ってきた。とりあえず先ずは梁祝広報部長Tsukaさんに読んでいただこうと転送した。5/4(毎朝一回はチェックすることにしている)Tsukaさんのブログ「夢酔独言」を覗くと、早速ご多忙の中取り上げていただいておりましたので、いかに転載させていただきました。

     

    写真説明

    1人民劇院・

    2、4/21夕食前に、通訳の章芸さんから「路老師」が持参した「梁祝三部作」と「書」を持って急遽ロビーに来てくれと言っていると呼び出された時、「華夏梁祝文化研究会」の重鎮と行った「Tsukaさん揮毫の書」と「梁祝三部作」の贈呈の場面。3,人民劇院で古野さんに話しかけてきた「日本留学経験のある」若者。

     

    以下Tsukaさんのブログです。

     

     

    2018年5月 2日 (水)

    中国遠征を終えた、戯曲「梁祝」舞台公演のメディア報道!

    2018427_3中国公演を終えた、戯曲「梁祝(リャンチュウ)」の記事が、「宣興日報」の文化面トップに大きく報道されました。→
    中国語で読めないので、渡辺先生に翻訳をお願いしているところですが、素晴らしい内容だと。

    それは後日報告するとして、この戯曲「梁祝」の作者古野氏から連絡があり、「7月発行の会報『日中友好の輪』に掲載される記事を、梁祝ファンへのご報告として掲載してください」

    とのことで以下転載します-----------------------------------------

    Photo_62018年4月20日から24日まで5日間にわたって中国江蘇省無錫市宜興(ぎこう)で開かれた「第四回梁祝演劇祭」(主催、中国田漢研究会/宜興市人民政府)。招聘された「日本梁祝文化研究会」(略称「梁祝会」、東京・池袋、渡辺明次会長)とタイアップした「鎌倉演劇人の会」(代表世話人、古野浩昭)は、2009年秋に鎌倉で日本初演を果たした中国民話劇「梁祝」(りゃんちゅう、中国版「ロミオとジュリエット)を宜興人民劇院で上演、盛大な歓迎を受けた。

    Photo_2演劇祭には江蘇省、浙江省、山東省、山西賞など中国全土17省25団体の錫(しー)劇、沪(ふ)劇、越劇、呂劇、晉劇など伝統劇、現代劇を含めた175作品がエントリーされ、各団体の持ち時間約15分ずつ、小気味よく上演された。海外からは日本のほか、シンガポールの「沈秀珍・芗(しゃん)劇団」も招かれ、歌と創作舞踊を取り入れた‘新作梁祝もの’を伝統劇風に上演した。

    Photo_3「鎌倉演劇人の会」による「梁祝」劇では、‘東晋“(紀元4〜5世紀)時代の衣装を身に着けた俳優が、日本語(中国語字幕スーパー付き)で新劇風に上演。中国人に人気の「十八相送」の場(同15分)を披露した。劇中、春秋時代に孔子が編纂したといわれる中国古典中の古典、詩文「詩経」周南の‘関しょ’を主役の祝英台(青井聡子)が中国語で朗唱すると、観客席から、“お〜、”という、どうよめきに似た声が上がり、しっかりとした手ごたえ。

    Photo_4公演後、この模様を速報で知った大山潔(陸潔)先生(東京大学文学博士)東京から「日本人がここまでやるとは、という中国人の驚きと、うれしさの反応でしょう。おめでとう!」と祝電メールを送ってきた。4/27付け「宜興日報」も文化面トップで「俳優の多彩な動き、豊かな表情で満場の喝さいを浴びた」と評価。

    Photo_5民話劇「梁祝」は、1600年以上にわたって中国の揚子江南、江南地方を中心に断片的に語り継がれてきた物語で、1950年代に上海の女流作家、趙清閣が小説「梁山伯と祝英台」として各地にある物語をまとめて執筆、出版。渡辺明次氏がこれを日本語に翻訳、出版したものを筆者(古野)が戯曲化した。 (了)

    写真は私が適当に載せましたが、文を書かれた古野さんは、もと共同通信の記者。さすが全内容をコンパクトにまとめてくださいました。

    ついでに私が揮毫した書も撮ってくれたので、いちおう参加者として載せましょう。(笑)
         (下の写真は) 渡辺明次(日本梁祝研究所)所長、主催者側に囲まれて。
    2_2

    posted by: リャンチュウ先生 | - | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.liangzhu.jp/trackback/128
    トラックバック