Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    えり (09/09)
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    えり (09/09)
  •  梁祝リャンチュウ伝説(梁祝愛情故事)は1500年以上昔の東晋(AD317〜420)の頃に形成され今に連綿と語り伝えられており、中国で四大愛情伝説(梁祝・孟姜女・牛郎織女=七夕伝説・白蛇伝)の一つに数えられる伝説である。
    Tsukagoshi (07/25)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
梁祝(リャンチュウ)会として 『中華人民共和国成立69周年及び中日平和友好条約締結40周年祝賀レセプション』に!
0

     梁祝(リャンチュウ)会として 『中華人民共和国成立69周年及び
    中日平和友好条約締結40周年祝賀レセプション』に! 


        2018年9月27日(木曜日)ホテルニューオータニ「鶴の間」

       9/27「梁祝会(リャンチュウ)」宛ての招待状を受け取り、レセプションに出かけてきた。自分の招待状の番号は678番だったが、受付には2000番近くまでの受付番号があった。厳重な金属探知機をとおり受付を通過「中日平和友好条約締結40周年」のシールを胸に会場入りすると、場内はすれ違いにも肩がぶつかりそうになるほどの雑踏ともいうべきで熱気でいっぱいだった。一人でもどこかで会った、顔見知りの方はいないかと会場内を歩き回ったが、一人も発見できなかった。「聘珍樓」と「全聚徳」のバイキング料理を手にし、ビールを手にたたずんでいると、やっと段躍中先生が声を掛けてくれ一安心。4回ほど会場内をくまなく歩き回ったが、全く一人も見知った人は見つけられなかった。さらに面識のある中国大使館文化部の徐さんなども探してみたが、これも見つけられなかった。顔見知りは段躍中先生一人だけだった。
     

      レセプションは程永華大使の挨拶に始まり、大使の話題は首脳の相互訪問実現、友好ムードの高まり、10/1の国慶節の話題などで、後は福田元総理、林文科大臣などと続いた。いずれも平和友好条約締結40周年、友好ムードを祝福するという内容で、特別気を引かれる内容のものはなかった。


    程永華大使ご夫妻への挨拶の順番待ちの列はTVなどでよく目にする国会議員ばかりだった。場内には各国の駐在武官の軍服姿も多く見られた。

    posted by: リャンチュウ先生 | - | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.liangzhu.jp/trackback/151
    トラックバック