Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
New Entries
Recent Comment
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    えり (09/09)
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    えり (09/09)
  •  梁祝リャンチュウ伝説(梁祝愛情故事)は1500年以上昔の東晋(AD317〜420)の頃に形成され今に連綿と語り伝えられており、中国で四大愛情伝説(梁祝・孟姜女・牛郎織女=七夕伝説・白蛇伝)の一つに数えられる伝説である。
    Tsukagoshi (07/25)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
うれしいお知らせ、「梁祝(リヤンチュウ)伝説」啓蒙のチャンス、梁祝広報部長Tsukaさんの尽力で実現!
0

      本日、梁祝広報部長Tsukaさんのブログに嬉しい確定の知らせがアップされました。 その内容は、2019年1月19日(土)午後、

    池袋の「IKE・Biz としま産業振興プラザ」

    で開催される日本僑報社・日中翻訳学院の、日中翻訳学院創立10周年記念イベント:日中翻訳学院院長に就任された高橋弥守彦先生(大東文化大学名誉教授)が「中国語と日本語の文構造」をテーマに基調講演をされるが、 

    寧波にある梁祝伝説が真実である根拠となる1100年代の石碑
      その後の若干の時間を「梁祝会」に提供してもよいという情報を「梁祝広報部長Tsukaさん」がキャッチされ、ご尽力いただいた結果、講演のチャンスが与えられた、との内容です。

    この時間を少しでも多くの人に「梁祝(リヤンチュウ)伝説」

    を啓蒙する絶好のチャンスとして使わせていただくことになり、

    それがTsukaさん命名の「特別発表」なるタイトルで実現することになりました。


     またこれに併せて1/19午後ご出席いただく「梁祝会」メンバーの方々と、会終了後、久々の「梁祝会の新年会」を行いたいと思っています。万障お繰り合わせいただき皆様のご参加をいただきたく念じております。詳細は後ほど、幹事をお引き受けいただいたTsukaさんの方から、別途皆様に周知させていただく予定です。 
    寧波にある梁山伯(リャンシャンボ)が農民とともに役人として働く壁画  :最も新しい「梁祝リャンチュウ」TVドラマ→

      
      

    [主催]日中翻訳学院[日時]2019年1月19日(土)午後2時〜4時(1時半〜受付)[会場]IKE・Bizとしま産業振興プラザ(旧勤労福祉会館)第三会議室:東京都豊島区西池袋2-37-4 (アクセス)http://www.toshima-plaza.jp/access/ [参加費]1000円
    [申込方法]メールで日中翻訳学院事務局( fanyi@duan.jp )宛に、お名前、職業、連絡先(住所・電話番号)をご記入の上、お申し込みください。
     
        以下は「Tsukaさんのブログ夢酔独言」の全文転載です。

    2018年12月19日 (水)

    梁祝(リャンチュウ)講演と新年会のお知らせ

    1月19日(土)は、池袋(講演会場)で「梁祝会」渡辺明次会長の『特別発表』があります。研究発表のテーマは「碑文から梁祝愛情伝説の真実を読み解く」。

    20190119_3日中翻訳学院創立10周年記念イベント「第2回翻訳フォーラム」の一環で、
    中国・四大愛情伝説の一つ「梁山伯と祝英台」を日本に初めて紹介した渡辺明次先生をお呼びし特別発表!
    右の画像は案内チラシです→
    小さくて読みにくければダウンロードできます

    講演会の後、恒例の「梁祝会」新年会を行います。(近隣の飲食店を予定)
    初参加歓迎、どなたでもOKです。

    新年会の幹事は私が務めさせていただきますので、氏名、職業(所属)、連絡先を明記の上、tsuka@next-ad.jp宛にお申し込みください。

    Photoまた、講演会主催者あて(fanyi@duan.jp)に直接申込みもOKですがその場合、新年会の参加有無は私宛にお伝えください。

    写真は昨年夏の横浜での講演会、台風接近にもかかわらず熱心にご参観くださいました。

    来年も日中友好を兼ねて「梁祝会」を盛り上げましょう。参加申込みをお待ちしております。(^_^)v

    posted by: リャンチュウ先生 | - | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.liangzhu.jp/trackback/155
    トラックバック