Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    えり (09/09)
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    えり (09/09)
  •  梁祝リャンチュウ伝説(梁祝愛情故事)は1500年以上昔の東晋(AD317〜420)の頃に形成され今に連綿と語り伝えられており、中国で四大愛情伝説(梁祝・孟姜女・牛郎織女=七夕伝説・白蛇伝)の一つに数えられる伝説である。
    Tsukagoshi (07/25)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
戯曲・梁祝(リャンチュウ)鎌倉公演の出演者が多く関わる「駱駝祥子」朗読会8/31横浜:「地球市民かながわプラザ5F映像ホール」
0

    戯曲・梁祝(リャンチュウ)鎌倉公演の出演者が多く関わる

    「駱駝祥子」朗読会8/31横浜:

      戯曲「梁祝」の作者で鎌倉演劇人の会を率いる「古野浩昭」先生からのお知らせです。

      梁祝会広報部長のTsukaさんが 今朝、氏のブログ「夢酔独言」で、鎌倉の古野氏から送られてきた、

    「駱駝祥子」の朗読会についてビラを詳しく取り上げておられますので転載させていただきました。
       朗読会・日時:8/31(土)14:00〜16:00(チケット500円)
     場所:「地球市民かながわプラザ5F映像ホール」
    (横浜市栄区JR根岸線・本郷台駅下車)

     

     

     

    以下Tsukaさんのブログです

    2019年6月12日 (水)

    8月31日「駱駝祥子」朗読会のチラシが完成

    A 先ほど、戯曲『梁祝』の作者で、「鎌倉演劇人の会」を率いる古野浩昭さんから、
    「8.31「駱駝祥子」朗読会チラシ完成!」との連絡がありました。
    裏表のチラシをPDFで送られてきたので、2枚の画像に変換したものです。

    5月15日の記事で紹介しましたが、
    「老舎の原作 小説「駱駝祥子」朗読会が「かながわプラザ」で上演!

    この記事も掲載しました。
    「日中文化交流」紙に紹介された、「駱駝祥子」の研究家で翻訳家の大山潔先生

    B_1 以下は古野さんからのメールの転載です。
    公演の目玉は何と言っても大山先生が演目最後で「梁祝」の旋律と並んで中国で最も美しい曲(民歌)のひとつ「在那遥远的地方」(草原情歌)をステージで独唱することです。
    大山先生は知る人ぞ知る名うての’ヴォーカリスト’(昔、あの透き通るような声で北京で開かれた中国全土の歌謡コンクール青少年の部で全国一の栄冠を勝ちとった人)只者ではありません。それを、舞台の最後でピアノの伴奏で歌うのです。そして観客と一緒に合唱も。というわけで、「梁祝会」の皆様方にも是非またお越しいただければ、とご案内しました。

    Photo_60

    なんと素晴らしいことでしょう、そして我々「梁祝会」とは切っても切れない縁なのです。

    そういえば、梁祝のヒロイン青井聡子さんは「駱駝」のスタッフではないのですが、この際、お目にかかりたいです!

    なんて、古野さんにおまかせしますが、私も期待をしております。(笑)

    posted by: リャンチュウ先生 | - | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.liangzhu.jp/trackback/165
    トラックバック