Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
New Entries
Recent Comment
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    えり (09/09)
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    えり (09/09)
  •  梁祝リャンチュウ伝説(梁祝愛情故事)は1500年以上昔の東晋(AD317〜420)の頃に形成され今に連綿と語り伝えられており、中国で四大愛情伝説(梁祝・孟姜女・牛郎織女=七夕伝説・白蛇伝)の一つに数えられる伝説である。
    Tsukagoshi (07/25)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「梁祝会2017年3月の寧波・上虞表敬訪問」の同行通訳を引き受けてくれた周友文さん東京に!
0

      以下の予定は10/22午後、突然上海の周友文の仕事の都合で取り敢えずキャンセルになりました。
        その1: 先生
    大変申し訳ありません。
    突然董事長(理事長)と飲み会が入って、金曜日はダメになります。
    どうか水曜日の夕方と土曜日の午前中にしていただけないでしょうか

      その2: これは周が泊まるホテルです。
    水曜日は18時指定場所に行ける
    土曜日は11:30から空港へ向かわないといけません
    申し訳ありません.

     

     

      「梁祝2017年3月の寧波・上虞表敬訪問」の際同行通訳を引き受けてくれ、献身的に通訳をしてもらった周友文さん(上海の日系企業で働いている)から以下の連絡があった。
      周友文からのメールでは
    ☆『11月11日から日本出張で16日(土曜)の午前中は時間があるので、先生に挨拶したいなと思って、先生の都合はどうでしょうか。』

     このメールを受けいろいろ問い合わせたところ、今勤めている上海の日系企業の「本社研修」で11/11〜11/16に日本に来ることがわかった。                   写真、真ん中の髪の長い女性が周友文さん

     

     ☆ 『先生、大変ありがとうございます。
    今どこに泊まるかまだ確定していませんが、
    多分 金曜日の夜でも大丈夫だと思いますので、
    青井さんたちにも会わせていただければ嬉しいと思います。』

     
    ところが、11/16(土)は上海に戻る、飛行場に行く直前の時間であることがわかった。
    「それではあまりにも惜しいので、夕食を兼ねて一杯飲みたい」とさらに問い合わせを続けた結果、90%の可能性で、
    11/15(金)の夜に時間を取れることを確認、それで周友文さんにとっては初めての日本ということもあり「梁祝2017年3月の寧波・上虞表敬訪問」の関係者にも連絡を取り、ささやかながら「歓迎・周友文さん」というタイトルで歓迎の夕食会を開くことに決め、 場所を神田の「清瀧」にして取り敢えず11/15(金)6名で予約した。
       現在までに6名の参加を確認していますが、ご参加いただける方がおれば連絡下さい。

      上海の周友文が日本に来ることを梁祝(リャンチュウ)会広報部長Tsukaさんにもお知らせしたところ、参加の方向でご検討いただけるという返信があり、さらには今朝の氏のブログ「夢酔独言」に、訪問時の動画も一緒に経緯詳細をアップいただきましたので、そのまま転載させていただきました。

        ↓以下Tsukaさんのブログです↓

     

    2019年10月20日 (日)

    我ら「梁祝会」と本場中国との架け橋、周女史が訪日。

    梁祝(リャンチュウ)先生こと渡辺明次(梁祝会)会長から、「来月、中国の周さんが東京に来る」というニュース。

    周さんとは、渡辺先生が中国・湖南省の湘潭(シャンタン)大学で日本語教師をしていた時の生徒(教え子)ですが、それ以来今日まで、通訳として我々と中国を結ぶ大事な役目を果たしてくれているのです。渡辺先生が最も信頼されている方で、彼女なくして"日本梁祝会"の活動はないといっても過言ではないでしょう。

     

    ※中央が周さん、左側は祝英台(青井さん)と梁山伯(伊藤君)、

    渡辺先生からのメールの要旨は、
    「『梁祝2017年3月の寧波・上虞表敬訪問』の際、同行通訳を引き受けてくれた周さん(上海の日系企業で働く)が本社研修のため東京に来るので、挨拶したいとの旨を受け、11/15(金)夕食を兼ね「ささやかな歓迎会」をしてあげたい」との事。

    Partynameその他、彼女は中国側とのメールや、やり取りまで全ての間をつないでくれています。

    私的には、11月10日前後は、書道展開催中だし、同期会あり、仕事がらみの予定もいろいろ入っていて心配ですが、渡辺先生の彼女への感謝の意を表するためにも、なんとか参加したいと調整中です。(^_^)v

    posted by: リャンチュウ先生 | - | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.liangzhu.jp/trackback/171
    トラックバック