Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    えり (09/09)
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    えり (09/09)
  •  梁祝リャンチュウ伝説(梁祝愛情故事)は1500年以上昔の東晋(AD317〜420)の頃に形成され今に連綿と語り伝えられており、中国で四大愛情伝説(梁祝・孟姜女・牛郎織女=七夕伝説・白蛇伝)の一つに数えられる伝説である。
    Tsukagoshi (07/25)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
戯曲梁祝で祝英台チュインタイを演じた(シフォンケーキの専門店・鎌倉しふおん)の 青井聡子さん2月15日(土)毎日新聞に登場!
0

       2009年10/3の戯曲「梁祝リヤンチュウ」鎌倉公演に始まり、 寧波で行われた「梁祝シンポジウム」や、寧波・上虞などのこれまでの梁祝(リヤンチュウ)中国遠征、宜興への招待遠征すべてに関わって下さり、古野氏の「戯曲梁祝」鎌倉公演でのヒロインとして祝英台(チュインタイ)を演じた青井聡子さん2月15日(土)毎日新聞に登場!
       この新聞には梁祝(リャンチュウ)会メンバーも知らない青井聡子さんが紹介されています。
        この件を、梁祝会広報部長Tsukaさんが氏のブログ「夢酔独言」で。今朝、取り上げられました。例の如く以下に全文転載させていただきます。
      

     

     

    以下、Tsukaさんのブログ「夢酔独言」です。

    2020年2月16日 (日)

    梁祝(リャンチュウ)戯曲のヒロイン青井聡子さんが、毎日新聞に!

    20200215 「梁祝(リャンチュウ)愛情故事」とは、中国・4大愛情伝説の一つ。
    日本で初めて公演された戯曲「梁祝」のヒロイン、青井聡子さんは、しふぉんケーキ専門店の店主もあるのです。
    シフォンケーキのレシピ本やケーキ作りの教室、さらに地元鎌倉では商工会議所から起業家としてセミナーを頼まれるなど忙しい日々。

    そんな青井さんから、
    昨日(2月15日)の毎日新聞朝刊に掲載されました。「鎌倉しふぉん店主 青井聡子」として大きく取り上げて頂きました。

    取り上げられたテーマがいいですね→「多才多彩 この人に聞く」。
    写真がまた大きくて素晴らしい!(笑)ご自身が書かれたブログはこちら

    Aoiito03 実は、日本の「梁祝会」と本場中国との交流を毎年続けることができたのも、彼女のおかげが大きいのです。
    「梁祝会」の活動も毎度楽しく続いているし、きっと渡辺明次(梁祝会会長)先生もお喜びのことでしょう。(^_^)v

    ※写真は、2017年9月に「人民網(人民日報ネット版)」に取り上げられた記事より、
    「日本版民話劇「梁祝」、浙江省寧波市で公演」。
    クレジットは、中国の伝統衣装を着て「梁祝の恋」を演じた青井聡子さんと伊藤健康さん。

    posted by: リャンチュウ先生 | - | 18:12 | comments(0) | - |