Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
New Entries
Recent Comment
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    えり (09/09)
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    えり (09/09)
  •  梁祝リャンチュウ伝説(梁祝愛情故事)は1500年以上昔の東晋(AD317〜420)の頃に形成され今に連綿と語り伝えられており、中国で四大愛情伝説(梁祝・孟姜女・牛郎織女=七夕伝説・白蛇伝)の一つに数えられる伝説である。
    Tsukagoshi (07/25)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
甘棠(かんとう) 翦(き)る勿(なか)れ、 甘棠 翦(き)る勿(なか)れ、聖君の住む庇は永遠に!
0

      甘棠(かんとう) 翦(き)る勿(なか)れ、 甘棠 翦(き)る勿(なか)れ、
    聖君の住む庇は永遠に!

       

    愛情伝説ではないことが分かる  寧波第3の石碑、清代、
    「重修晋鄮令梁圣君庙碑记」(修築晋鄞県知事梁聖君廟碑記):


     
    梁祝伝説に関わる全ての文字資料を、誰でもが日本語で読めるようにと翻訳を続けているのだが、今回は再び寧波に4つある石碑の第三番目、清代の石碑に挑戦した。PCへの文字入力後、石碑に句読点がないため、上海にいる湘潭大学卒業生グループなどに質問した後、最終的に上虞の祝英台文化研究会会長の陳秋強先生にたどり着き、句読点をつけて欲しいとお願いしたところ、詳細な返信をいただき、まるで分からなかった石碑の後半部分の詩文が古典に典拠がある、(自分だけが知らない)知る人ぞ知るものであることが判明した。

     

     

     

     

    寧波の石碑は 1,宋代:李茂誠の石碑1100年代・

    2,明代:魏成忠の石碑1500年代・

    3,清代:陳勱(ちんばい)の石碑1800年代・

    4.現代1900年代の四つの石碑が、

    寧波の「梁祝文化園」の「梁山伯廟」堂内の両サイドの壁に(戦乱で持ち去られたり破壊されないために)埋め込まれている。年代を見ると、300年から400年経つて、梁山伯(リャンシャンボ)の廟が朽ち果てるか、梁山伯の事績が忘れ去られようとすると、その時代の寧波の学識ある役人などにより石碑が作られ、廟堂の修復がなされていることがわかる。

     

       今回取り上げる清代の第三の石碑の内容解説
      陳勱(ちんばい1805-1893)という、晩清の学者で清代寧波の県知事(出生寧波の人)が作り残したものである。この清代の石碑の内容は、まず自分より前の二つの石碑、宋代の李茂誠の石碑1100年代、明代の魏成忠の石碑1500年代の内容に触れ、やはり悲恋の愛情伝説などの記載は全くなく、梁山伯(リャンシャンボ)がいかに民の生活を思い、いかに優れた、希有な民衆と共に歩み、民に慕われた役人、県知事であったかを記し、この人物を、さらに永久に伝えるために石碑に刻むとしている。

     

      この石碑には、主に二つの古典

    「漢書」(7列伝現柩(じゅんり)伝第59)にある「朱邑(しゅゆう)」のエピソードと

    『詩経』召南の「甘棠(かんとう)」と題する詩として残っている、

    (周の宰相・召公(ショウコウ)が、甘棠の木の下で憩い、人民の手間を取らせまいとして、そこで訴訟などを聞いたことから、人民にしたわれるようになったというエピソード)が引用され、

    その中でも「朱邑(しゅゆう)」・「召公(しょうこう)の個人名と事績をあげ、梁山伯(リャンシャンボ)が、若干20歳でありながらも、この二人とも肩を並べる、民衆に慕われる善政を行った人物だと刻まれている。

     


      石碑に引用されている、
    古典に典拠のあるエピソード、一つ目が

     

    「漢書」7列伝検⊇柩(じゅんり)伝第59にある「朱邑(しゅゆう)」のエピソード。( 循吏(じゅんり)とは、酷吏と対照的に、人民愛護を表看板とする官吏のこと)
     
    朱邑(しゆゆう)は、廬江郡舒県の人である。若いころ舒県の桐郷の嗇夫(しょうふ・賦税と訴訟を担当する役人)となったが、清廉公平で、苛酷なところがなく、人を愛し人の利をはかって行動し、かってまだ人を笞うち辱めたことがなく、老人・孤児・寡婦を慰問し、恩情をもって彼らを取り扱ったので、所管内の吏民に敬愛された。

     

      二つ目  「詩経‐召南・甘棠」「召伯」
       (生没;? 〜 前1053年?)召公(しょうこう)は
    周朝の政治家。太公望や周公旦と並び、周建国の功臣。召の地(現在の陝西省岐山県西南)を食邑(しょくゆう = 知行所・采邑・領地・封地・封土。)としたことから召公、周召公、召康公または召伯とよばれる。武王の殷朝打倒を補佐し、その功積により燕(現在の河北省北部)に封じられ、都城を薊(ケイ=あざみ:現在の北京)と定めた。

     

     【甘棠之愛】 かんとうのあい
    立派な為政者に対して、国民の敬愛の情が深いことをたとえる。【甘棠】は、バラ科の果樹「やまなし」の類といわれている。周の宰相・召公(ショウコウ)は、甘棠の木の下で憩い、人民の手間を取らせまいとして、そこで訴訟などを聞いたことから、人民にしたわれるようになった。そのことが、『詩経』召南の「甘棠」と題する詩として残っている。
      甘棠(かんとう)の 詠(えい)

    周の宰相召公が甘棠樹の下で民の訴訟を聞き、公平に裁断したので、民が召公の徳を慕い甘棠の詩(「詩経‐召南」所収)をつくりうたったという故事から) 人々が為政者の徳をたたえることを言う。

     

    【甘棠(かんとうのあい愛】その詩)

     

     

    人民がりっぱな為政者を心から慕うこと。出典『詩経 召南』
     

    蔽芾(へいひ)たる甘棠
    翦(き)る勿(なか)れ伐(き)る勿れ
    召伯のやどりし所

    蔽芾たる甘棠
    翦る勿れ敗る勿れ
    召伯の憩ひし所


      現代語訳
    こんもりと茂った甘棠の木。
    枝が茂り過ぎ邪魔になるから、切り払ってしまおうか。
    いやいや、枝を剪らないでおくれ。幹を伐らないでおくれ。
    召伯様がやどられた思い出の木だから。
    召伯様が憩われた思い出の木だから。

     

     

      注:「漢書」中国,二十四史の一。前漢の歴史を記した紀伝体の書。一二〇巻。後漢の班固の撰,妹の班昭の補修。82年頃成立。
      注:「詩経」中国最古の詩集。五経の一。孔子の編と伝えるが未詳。西周から春秋時代に及ぶ歌謡三〇五編が収められている。
     注: 甘棠(かんとう)とは、 植物「ずみ(桷)」の古名⇒ずみ【桷・酸実】バラ科リンゴ属の落葉小高木。山地に自生し、荒地や湿地に群落をなす。高さ10メートル。枝にとげがある。春の末、白色で赤いぼかしのある花を多数開く。果実は黄または紅熟。材は緻密で堅く、家具・細工物などにする。樹皮は煮出して黄色の染料とし、また明礬(みょうばん)などを加えて黄色絵具を製する。ヒメカイドウ。コリンゴ。コナシ。漢名、棠梨。

     

    posted by: リャンチュウ先生 | - | 16:38 | comments(0) | - |