Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    えり (09/09)
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    えり (09/09)
  •  梁祝リャンチュウ伝説(梁祝愛情故事)は1500年以上昔の東晋(AD317〜420)の頃に形成され今に連綿と語り伝えられており、中国で四大愛情伝説(梁祝・孟姜女・牛郎織女=七夕伝説・白蛇伝)の一つに数えられる伝説である。
    Tsukagoshi (07/25)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
続三義先生の講演会:東洋大学へ帰途に「梁祝会」ということで一献酌み交わしました。
0

    またまたTsukaさんの「夢酔独言」の転載ですが、それに飲み屋さんの「梁祝会」写真を追加しております。

    2015年11月 7日 (土)   http://musuidokugen.tea-nifty.com/

    続三義先生の講演会「日中翻訳による文脈-『天声人語』の中国語訳から」へ。

    東洋大学(人間科学総合研究所)2015年度公開講演・シンポジウムで、
    テーマは「多文化理解と言語教育」。

    Photo午後の部、続三義(東洋大学教授)の講演に誘われて行って来ました。

    写真は、講演後に続先生を囲んで。
    みんな北京外国語大学時代の生徒だったのです。→

    私を除く…(笑)

    中央で手にしている本は、渡辺明次先生の訳書『梁山伯と祝英台』、
    おなじみ梁祝(リャンチュウ)物語です。

    Photo_3←さらに講演中に、昨年出版された渡辺明次先生との共訳『紅の軍ー長征』も取りあげて、名指しで紹介してくださいました。
    私はこの本の表紙デザインを担当。

    他にも、4人の講演者がそれぞれの経験談を踏まえての翻訳の話。

    母語(自国語)は、それぞれの歴史や文化、国民性、価値観と結びついているもので、先ずは母語の大切さを知らないと、外国語への真の翻訳はできないという。

    例えば、漱石の逸話で「I love you」を「月がきれいですね」とか、「007は2度生き返る」を日本では「007は2度死ぬ」と訳された。
    さらに、日本語は主語があいまいなゆえに間違えて訳された例、など、など…
    4
    私も英語の映画を見ていて、言語と異なる日本語字幕を見つけることがありますが、
    なるほどと思うし、翻訳の奥深さを垣間見てためになること多しでした。(^^)v


    梁祝会の重鎮「正谷さん」もおいでになりましたが、ご多忙で、遠方ということもあり、
    飲み会の方は残念ながらお帰りになりました。会終了後、梁祝三人会で盛り上がりました。
    3
    (写真右よ り牘曚気鵝浦野さん、渡辺)
    以下は

    再び「夢酔独言」の番外篇、そのまま転載

    昨日の続きというか番外編ですが、講演会の前(13:00)に巣鴨駅で待ち合わせ、
    「巣鴨地蔵通商店街(おばあちゃんの原宿?)」へ。

    Photo_5私は過去に何度か来てますが、渡辺明次先生は一度行ってみたかったというので、「おじいちゃんの原宿?」となりました。(笑)

    以前に来たときより、外国人や若い人が結構いますねぇ。
    お年寄りが買いたくなる品揃えと、大きな価格表示は購買意欲をそそる、すごいマーケティング力と思います。

    講演会が終わった後は、東洋大学から少し歩いて見つけた居酒屋へ。
    浦野さんも交えて
    「梁祝(リャンチュウ)会」となりました。
    ←(私が揮毫したタイトル文字を忘れたそうなので後で合成しました)

    我々の明るい盛り上がりが良いのか、お店の女の子が明るいのか?彼女は少しもためらわず、一緒に写真を撮ってくれてまたまた盛り上がる。↓

    Photo_6それにしても我々、毎度の事ながら話が良く続く、と我ながら感心。
    しかも、お二人とも未来の計画で話が尽きない、全く年齢を感じさせません。

    すっかり勢いづいて、最後の話題は"梁祝忘年会"の計画となりました〜。(^^)v

    あ、もうこんな時間だ、やばい、やばい!(^^;ゞ

    posted by: リャンチュウ先生 | - | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.liangzhu.jp/trackback/66
    トラックバック