Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    えり (09/09)
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    えり (09/09)
  •  梁祝リャンチュウ伝説(梁祝愛情故事)は1500年以上昔の東晋(AD317〜420)の頃に形成され今に連綿と語り伝えられており、中国で四大愛情伝説(梁祝・孟姜女・牛郎織女=七夕伝説・白蛇伝)の一つに数えられる伝説である。
    Tsukagoshi (07/25)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
祝英台(チュウインタイ)を演じた女優(青井聡子さん)寧波・上虞を行く
0

    祝英台(チュウインタイ)を演じた女性(青井聡子さん)寧波・上虞を行く
    「中日韓梁祝文化伝播及び現代における価値シンポジウム」に招待され、祝英台(チュウインタイ)を演じた女性(青井聡子さん)も同行した(2016年4月)
    その青井聡子さんのことを梁祝会広報部長Tsukaさんのブログで、また取り上げていただきましたのでまたまた以下

    写真、右今回訪問時、左・厳総支配人、左・周静書会長 中祝英台http://musuidokugen.tea-nifty.com/今回訪問時の舞台、10年前は朱色が鮮やかであった。
    渡辺の所感を加え転載させていただきました。



    以下Tsukaさんのブログ転載
    2016年6月 2日 (木)

    舞台女優の青井さん、帰国後初の公演。

    中国・寧波〜上虞の旅、「梁祝(りゃんちゅう)文化学術シンポジウムも無事終り、
    ヒロイン祝英台を日本(鎌倉)で演じた青井聡子さんの講演は素晴らしかった。

    Photo_3←その、青井さんから、日本での舞台公演案内(写真)が届きました。

    実は三年ぶりの舞台公演。私は殆んど毎回観に行ってますが、今回は渡辺明次先生も同行してくださるとのことで行ってきます。(笑)

    題名は「楽屋」とか…?有名らしいけど、どんな劇か知らないので、それはそれで楽しみ。

    さて、その多才なる青井聡子さんを渡辺先生が「梁祝ブログ」の中たくさん紹介してます。

    その一部を写真と共に抜粋すると…、

    寧波での「中日韓・梁祝シンポジウム」、日本側の講演は青井聡子女史。↓
    Photo_5彼女は日本の古都鎌倉で渡辺明次氏が翻訳した「小説・梁祝」に触発され筆を執った、古野浩昭氏の脚本「戯曲『梁祝』」で、祝英台を演じた女優である。(2009.10.3上演)

    彼女は講演の中で、
    「今回梁祝故事起源の地である梁祝文化園に来られたことはとても嬉しいことで、鎌倉で戯曲「梁祝」の祝英台を演じた時に、頭の中にいつも思い浮かべた祝英台の生活の情景等について、今回の参観で、梁祝愛情故事に対するイメージをより一層豊富にいたしました。」と語った。

    Photo_4←同行したもう一人の梁祝メンバー正谷絵美女史とともに和服を装い、梁祝文化園の中にある“神人共悦”の額がかかる舞台上でパフォーマンスを。さらに、青井聡子女史は記者の求めに応じて即席で戯曲の中の一段を身振り手振り豊かに演じた。
    というわけで、日本での青井さんの舞台公演は来月早々、楽しんできます。(^^)v





    以下渡辺
    2005年最初に訪れてから10年余が経過しついに、2016年4月寧波で開かれた『東アジア文化の都・2016寧波』活動の一環として開かれた『東アジア無形文化遺産保護シンポジウム』の一つの分科会「中日韓梁祝文化伝播及び現代における価値シンポジウム」に招待された。
     写真、右今回訪問時、左・舞台の文字、左「蝶恋」「神人共悦」「鶯囀」、10年前の写真で朱色が鮮やか。
      辺としては祝英台(チュウインタイ)を演じた女性(青井聡子さん)が正しく歓迎されたので大満足だった。それにしても中国梁祝文化研究会会長の「周静書」先生、梁祝文化園の総支配人「厳文祥」氏の態度、姿勢は10年前と変わらず、また祝英台(チュウインタイ)を演じた女性に対する評価、対応は完璧であった。
    Tsukaさんのブログで言及されている、梁祝文化園の中にある「能舞台のような舞台」について渡辺の所感を付け加えると、この舞台の起源は梁山伯(リャンシャンボ)のお墓のあるところに廟が建てられ、その命日
    写真はいずれも、10年前訪問時に歓迎を受けた時
    に催された盆踊りのようなものが行われた舞台である。 渡辺の管見の範囲によれば、この舞台の周りで行われた節会のようなものを「梁祝会」と呼んだようで、「会」という文字には「縁日」と言う意味もある。舞台にある文字額は左が「蝶恋(蝶の恋)」「神人共悦(神、人共に悦ぶ)」右が「鶯囀(鶯のさえず
    写真、10年前訪問時、修復作業をしていた。
    り)」とあり真ん中の「神人共悦」の「神」は梁山伯のことであろう。

    posted by: リャンチュウ先生 | - | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.liangzhu.jp/trackback/84
    トラックバック