Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    渡辺明次 (09/11)
  • 「孟姜女口承伝説集」に前文を書いていただいた蘇州の馬漢民先生東京へ、神保町と国会図書館に同行。明代の文学者、蘇州の人、馮夢竜(ふうむりゅう)の記念館開設準備のための来日。
    えり (09/09)
  • 小説梁祝リャンチュウの著者「趙清閣」と「老舎」の恋愛事情
    えり (09/09)
  •  梁祝リャンチュウ伝説(梁祝愛情故事)は1500年以上昔の東晋(AD317〜420)の頃に形成され今に連綿と語り伝えられており、中国で四大愛情伝説(梁祝・孟姜女・牛郎織女=七夕伝説・白蛇伝)の一つに数えられる伝説である。
    Tsukagoshi (07/25)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
最近の梁祝(リャンチュウ)会の消息:先週EMS便でA4の大きさの書類便三通を上虞・寧波に発送した。
0

      最近の梁祝(リャンチュウ)会の消息:先週EMS便でA4の大きさの書類便三通を上虞・寧波に発送した。

    (上虞の英台文化研究会会長「陳秋強」・寧波の梁祝リャンチュウ研究会「周静書」会長・寧波梁祝文化園の「厳友祥」総経理)。
     

        内容は、1,先日の鎌倉の集合写真、懇談の様子をA4で三枚ずつ、
                    2,塚越さんに新しく作成していただいた梁祝ブログのページのカラー印刷。
    3,上虞の陳会長は知らないことなので訪日中止には触れず(三名同じ内容の今回の礼状)
    4,また鎌倉の古野さん、青井さんが大船の席で
    「来年の3月ごろ、鎌倉の何人かで寧波、上虞に行こうか」と提案していたので
    (古野さん青井さんと鎌倉の演者二、三名)、もしそういう計画が実現した場合、
    表敬訪問を受けてくれるか(また周会長は時々出張とかで長期不在のことがあるので)
    二月末、3月初旬の都合はどうか問い合わせている。この件について12/9までにメールで返信を要求しています。
    もちろん周静書会長の袋には、寧波で塚越さんに周静書会長が揮毫を依頼した書も同封した。

       

    本日、梁祝会(リャンチュウ)広報部長Tsukaさんのブログ「夢酔独言」で最近の梁祝(リャンチュウ)会の消息が取り上げられましたので例の如く以下転載させていただきました。
       

    2016年11月17日 (木)

    2016年「梁祝(リャンチュウ)忘年会」を予約。

    10/23の予定だった、中国の「梁祝文化研究会」ご一行12名の訪日が延期となり
    準備していた鎌倉の「戯曲梁祝」公演スタッフたちは、やむを得ず同窓会に変更、そこに我々が参加したわけですが
    今度はこちら(東京)で、忘年会の計画を立てました。


    これが今回揮毫を依頼され、寧波へ送ったTsukaさんの書です

    Photo


    昨年は当日の参加者が大幅に増え、嬉しい事でしたが、今年は10名の個室を予約。

    Hp02s・先ずは、鎌倉「戯曲梁祝(リャンチュウ)」で

    ヒロイン祝英台を演じた女優の青井さん、
     

    ・そして、東洋大学教授の続三義先生、(訪日ご一行に備え、「梁祝伝説」をテーマに学生40名に講演を手配してくださっていましたが、訪日中止で断念。)
    ・さらには、「上虞市英台文化研究会」の陳会長のお孫さんが(現在練馬区在住)、初参加となりました。

    この3名の方を今回のメインゲストとしてお迎えしましょう。

    Hpsまだまだ素晴らしい方々が!
    ・福島市日中友好協会の山田会長・・・・

    ・・・・・・
    ・末席には私(日本梁祝文化研究所広報部長)の10名
    となりました。本日、池袋「養老乃瀧」に(12/9)最終確認して準備完了。
    今回は初対面同士の方が多く、それがまた楽しみです。(^^)v

    posted by: リャンチュウ先生 | - | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.liangzhu.jp/trackback/92
    トラックバック